【厳選!】海外で人気のオンラインプログラミング学習サービス6選

Pocket
LINEで送る

誰もがコードリテラシーを身につけることができる時代が目の前に来ている。オンラインプログラミング学習サービスが発展し、世界中の人が平等にプログラミングというものにアクセスできるようになっている。今や世界のどこにいようが、学習する障壁は昔と比べ、限りなく低い。

総合的な一般教養コースだけでなく、プログラミング特化のオンライン教育を提供するWEBサービスやアプリも増えてきており、クオリティーもとても高い。プログラミングはもはや、プログラマーのだけのものではなくなってきた。英語を習得するよう、誰もが身に付けるべき一般教養としての立ち位置になっていく。

今回は、英語で学べる人気のプログラミング特化・オンライン教育サービスを厳選して紹介する。筆者のオススメは、無料でしかも基礎を体系的に習得できる『Code Academy』や『Code School』をひと通り修了してから、さらに自身が深めたい分野や多くのトピックを扱う『Code4Startup』や『Udemy』などの有料サービスを使い、ステップアップしていくのが良いと思う。

私は自身の作った音声ガイドツアーアプリ『Pokke for iOS/Android』を開発していて、分からないことがあると、Stack OverFlowなど海外のソースを調べることが多い。プログラミングは、英語が分かるだけでかなりの情報量にアクセスできるので、最初から英語で学ぶことに慣れておくと良いのかも知れない。

 

1. Code Academy – WEBプログラミング特化のお洒落な学習サービス


Screen Shot 2017-04-27 at 22.48.54

価格:
基本的なサービスは無料で使用することができる。月$20のプロプランに加入すると、個人に合った学習プランや理解度チェックのクイズ、分からない部分を質問できたりと、さらにプログラミングを深く理解できるようになっている。

対象:
初心者から中級者向け

学習可能な言語:
HTML, CSS, Sass, JavaScript, ReactJS, AngularJS,  jQuery, PHP, Ruby, Ruby on Rails, Python, Java, Git, SQL

どんな人に向いてる?:
テキストや動画ではなく、実際にコードを書きながら勉強したい人に向いている。iOS/Androidのようなアプリではなく、WEBサービスやホームページを作りたい人向け。現状、WEB系の知識を深める教材しかない。

サービス概要:
ただ書き方を学ぶだけでなく、学習分野ごとにこのようなホームページを作るなどのゴールがあり、順を追って理解できる仕組みになっている。左サイドバーに課題が表示され、中央の画面で実際のコーディングを行う。右枠に表示される画面では、コードの結果がリアルタイムでプレビューされ、完成されていく様子を見ながら学習を進めることができる。

他と違うところは?:
リアルタイムプレビュー(コードの結果がすぐに表示される)機能、UI(デザイン)が美しく、学習していて気持ちがいい。初心者向けのプログラミング教材の課題だと、デザインは本当に簡素なシンプルなものになりがちだが、CodeAcademyは今風の超かっこいいお洒落な成果物をチュートリアルに従って、作ることができる。

CodeAcademy

 

2. Code School – 手を動かしながら + 動画で学べる学習サービス


Screen Shot 2017-04-28 at 16.43.13

価格:
無料版は、いくつかのコンテンツにだけアクセスすることができる。月$29の有料版に加入すると、全てのコンテンツにアクセスでき、また動画やクイズなどを受講でき、さらにプログラミングの学習をステップアップできる。

対象
:
初心者から中級者向け

学習可能な言語:
HTML, CSS,  JavaScript, Ruby, Elixir, PHP, .NET, Python, iOS (Objective C), Git, SQL

どんな人に向いてる?:
有料でも質の高いコンテンツを求めている、動画でのレッスンもあればいいなという人

サービス概要:
一つ目で紹介した『CodeAcademy』のように、コード書きながら、リアルタイムで反映される学習形式。ただ少し違うのが、コードを書く実習だけでなく動画でのレクチャーを最初に視聴し、その言語の概要を理解してからコードを書く実習に入る仕組み。オンラインラーニングではまだ珍しいiOSコースもあり、WEBからモバイルまで総合的に学習できる。最新のSwiftでは無く、Objective Cなのが難点だが…。また、iOSのアプリも公開されており移動時間などの空き時間もコードの学習に当てられることが強み。

他と違うところは?:
他のオンライン教育サイトに比べ、非常に質の高いコンテンツを作るよう、努力している。1本のゲーム作品を作る意気込みでコンテンツを作っているそうだ。まずは、動画で体系的に理解してから、コードを書き始めたいという人はこのCodeSchoolが向いていると思う。

Code School

 

3. Code4Startup – 実在する人気サービスの作り方を動画で学べる


Screen Shot 2017-04-27 at 23.23.30

価格:
3つのプランに分かれており、月29ドルのニンジャプランは、基本的なチュートリアルにアクセスできる。月39ドルのバリュープランは、月に1本のみ、プロプロジェクト(ボリュームのある大きいコンテンツ)にアクセスできる。月79ドルのアンリミテッドプランは、全てのコンテンツに制限無く、アクセスできる。

対象:
中級者向けから上級者向け

学習可能な言語:
HTML, CSS, JavaScript, ReactJS, NodeJS, AngularJS, Ruby, Ruby on Rails, Python, iOS (Swift 3)

どんな人に向いてる?:
プログラミング言語は分かってきた。じゃあ、どうやってサービスを作れば良いの?という方、AirBnBなど、実在するサービスのクローンを作りながら、プログラミングを学びたい方

サービス概要:

AirbnbやTinder, Product Huntまで、世界で人気の WEBサービスやアプリのクローンを作りながら、プログラミングを学べるサービス。実際に、動画を見ながら手を動かせば、人気サービスライクなものを作れるので、驚き。

他と違うところは?:
プログラミング言語の理解というより、とにかくサービスを自分の手で生み出す過程で学ぼうという趣旨の学習サービス。プログラミングは小さな成功体験の連続がキーだと思うので、段々とサービスが形になっていくのは気持ちよくプログラミングを学習できると思う。

Code4Startup

 

4. Udemy – 誰でも授業を配信できる動画プラットフォーム


Screen Shot 2017-04-29 at 16.31.17

価格:
コンテンツによる。定期的にセールをやっていて90%OFFなど、かなりの割引率でコンテンツにアクセスできる。セールの時の狙って、購入するのがおすすめ。

対象:
初級者 ~ 上級者

学習可能な言語:
コンテンツの種類だけ、ありとあらゆる言語。プログラミングだけでなく、マーケティングだったり色々な授業を受講できる。

どんな人に向いてる?:
動画で学ぶのが好きという人。色々な教材の中から、自分に合ったコンテンツを探すのが合っている方。

サービス概要:
世界中のスキルを持つアマチュアやプロの講師が、オンライン教育プラットフォームである「Udemy」に動画やテキスト教材をアップロードし、ユーザーが購入、受講するC to Cの仕組みのサービス。世界中の優秀な講師が授業を配信するため、かなり幅広いトピックをカバーし、人気のコンテンツはクオリティーもかなり高い。私もセールのときに、機械学習やリアルタイムデータベース「FireBase」のコンテンツを購入して、学習した。

他と違うところは?:
CodeAcademyやcodeSchoolのようなチュートリアル系の学習サイトではなく、同一のトピックに対しても、講師によっては様々なアプローチがあるので、基本を学んだ後に何をすれば良いのかのヒントを得られやすい。

Udemy

 

5. TreeHouse – WEBからモバイル、ゲーム開発まで扱う学習サービス


Screen Shot 2017-04-29 at 22.58.52
価格:

25ドル/月(ベーシックプラン)49ドル/月(プロプラン)※7日間の無料お試し期間あり

対象:
初心者から中級者向け

学習可能な言語:
HTML, CSS, JavaScript, Java, Android, C#, iOS(Swift, Objective C), Unity, PHP, Ruby, WordPress, Virtual Reality, Python

どんな人に向いてる?:
プログラミングだけでなく、WEBデザインなど包括的なスキルを手に入れたい人

サービス概要:
プログラミングからWEBデザイン、さらにアンドロイド/iOS開発まで取り扱っている専門的オンライン教育サイト。動画教材だけでなく、リアルタイムプレビューや小テスト、ゲーミフィケーションの要素を取り入れ、確実な理解を確認しながら、学習を進めることができる。

他と違うところは?:
達成後のバッジ獲得やポイントなど、ゲーム感覚でプログラミング学習を進めることができる。

TreeHouse

 

6. Udacity – オンラインで学ぶ新しいカタチの大学


Screen Shot 2017-04-30 at 9.52.49

価格:
無料(もしくは講義により異なる)

対象:
中級者 ~ 上級者向け

学習可能な言語:
全般的なプログラミング言語、データ分析、機械学習が有名。

どんな人に向いてる?:
プログラミングだけでなく、ビッグデータ分析、機械学習などテック業界の最先端を総合的に学びたい人。短い期間では無く、3ヶ月などの長期のプロジェクトで学んでいきたい人。

サービス概要:
短いレクチャーというよりも、3ヶ月コースなど比較的ボリュームがある授業を受けられることが特徴。大学の講義レベルを軸に、様々なオンライン教育サービスを展開している。

他と違うところは?:
GoogleFacebookなどの大手IT企業とパートナーシップを持ち、いくつかの講座を共同で開発している。プログラミングオンリーではなく、最先端のITに関する教養を習得できる。また修了書認定などの仕組みもあり、受講後の目に見える達成も得られる。

Udacity

 

まとめ

プログラミングは小さな成功体験を積み重ねることが大切だと思う。
調べて、そして実際に使ってみて感じたのですが、世界で人気のオンラインプログラミング学習サービスは、学ぶ過程でしっかりと達成を感じられるよう、しっかりとコンテンツが設計されている。どんどん先に進む楽しさがある。

リアルと比べると、理解度が下がりそう…。なんて思う人もいるかも知れませんが、上記サービスは初学者が簡単に順を追って、学習を進めていけるようにかなり工夫されている。インターネットににさえ繋がっていれば、世界のどこにいようが、本当に素晴らしいコンテンツに触れることができる。そして、英語で学ぶだけで、こんなにもさらに良質なコンテンツに触れることができる。

ただ注意しなければいけないのは、プログラミングを学ぶコンテンツは無数にあるので、学ぶことが目的になってしまって、永遠と学習をし続けること。ある程度学んだら、何かを創り上げることに集中しなければいけないと思う。

Happy Coding!

 

1990年生まれ、山梨県出身。サンフランシスコ州立大学国際政治経済学部卒。サンフランシスコでは、デザイン会社にて、インターンを経験したことから、テクノロジーと起業に興味を持つ。その後、日本に帰国しIT系商社に入社。サンフランシスコやイスラエルテック系スタートアップの日本市場へのローカライズ業務に従事。1年3ヶ月の勤務を経て退職、プログラミングを学び、音声ツアーガイドアプリ「Pokke」を開発・運営。

Leave a Comment